読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shinji's blog

アニメ・ラノベ・漫画好きです。非リア生活全然満喫してません。彼女めちゃめちゃほしいです絶賛募集中です!

実写化決定の下セカ作者の作品『二度めの夏、二度と会えない君』を読んでみた感想

下セカ作者の赤城大空さんの作品、『二度めの夏、二度と会えない君』が実写化決定したという事で、早速購入してみました。f:id:shinji92:20160820224352j:plain


ネットでの評価やあらすじを見る限り、泣ける要素やタイムリープ要素が入ってるので気になっていました。そして何より、『下セカ』のような下品なギャグ作品を書くような作家が書いた泣ける小説とはどんな話なのだろう、と気になってしまいました。

ちなみに以前、書店で見かけて『表紙がいいなあ』と思い気になっていたのですが、実際買おうとは思っていませんでした。が、実写化決定ということで『買うしかない!』と思って速攻Amazonで購入しましたw


※ネタバレ含みます




結論から言うと、微妙だった。

この作品はタイムリープものなんですけど、1度目の世界での出来事があまり詳しく書かれてないため、燐と智がなぜギクシャクしているのか曖昧だった。

また2度目の世界で、いきなり新キャラが出て来て智に告白、という流れが意味不明。1度目の世界では全くなかったのになぜ2度目の世界でこうなった?もうちょっと詳しく説明してほしかったです。

また、『この展開見たことがある』と思った。ラストの屋上でのシーンがまさにそれ。ぶっちゃけ泣けなかった。

そして、1度目の世界と2度目の世界の違いがあまりなかった。燐の、智に対する嫉妬心のようなものが増えたくらいで、結果は1度目の世界と変わらない話で終わった。ラストは「好きって気持ちを言葉に出さない」で終わったが、仮に「好き」と伝えたら、1度目の世界と同じ結末になっていたのではないか。

やっぱり、1度目の世界とは過程が違うから「好き」って伝えようが伝えまいが、結果は変わらないよ、という展開がよかった。

つまり、この「二度めの夏、二度と会えない君」で足りないのは「過程」だと感じた。結局主人公の気持ちが変わっただけじゃんって。

そして、1度目の世界に対する智自身の結論も出してほしかった。「1度目の世界で燐に好きって事を伝えたのは間違いだった」という結論を正してほしかった。


でも燐はとても可愛かったです。もしも普通のラブコメアニメで燐のようなキャラが出て来たらグッズとか集めまくると思います。それくらい萌えたキャラだった。燐ちゃん可愛い!

ラストはクラナドみたいな奇跡でもいいので、どうにかして生かしてほしかった。智の生きる未来に、燐がいないと思うと切ない。いくら智が前に進んでいても、燐がいない世界、そう思うと切なくて仕方ない。

作中には、燐がデレるシーンをもっと増やしてほしかった。それがあれば、どんなボロクソストーリーでも絶賛してた。

『まとレーベル』がリゼロのアンチが多い理由を解説した記事に納得した事

ラノベ アニメ

f:id:shinji92:20160819061807j:plain

以前僕が『リゼロはなぜアンチが多いのか』を考えた記事をあげました。

shinji92.hatenablog.com

それに対し、ラノベに関する記事を扱ってるまとめサイトの『まとレーベル』さんが、「そうじゃない、リゼロのアンチが多いのはこういう理由だ」と解説した記事をあげてくれました。

www.matolabel.net

この記事を見て『なるほどなあ』と関心しました。

つまり、リゼロのアンチが多い理由は、『主人公がウザい』『人気がある』と言った理由ではなく、

  • 他のなろう作家からの嫉妬
  • 信者の暴走

もちろんスバルがウザいのも理由の一つかもしれませんが、上の3つが一番の要因みたいです。

あとは、アニメ系まとめサイトの『や〇おん』の影響もあるみたいです。

知ったぶって記事を書いた自分が恥ずかしいwやはりこういう記事を書くときは、アンチや信者の人に直接聞くのが一番なのかもしれません。


また、まとレーベルで『作者の過去の発言のせいで叩きやすい』と書いていました。ということで、作者の長月達平さんは過去にどんな発言をしたのか調べてみました。

俺はアンチ大好きだけど、読んでない人はまだアンチでも批判でもないですからね。読者になってくれるかアンチになってくれるかは別として、作者が直接話しにいったらアンチになり難いんじゃねーの?って思ってるからガンガンいくよ。読者ほしい。死ぬほど欲しい。

勘違いされたくないからはっきり言っておくが、俺は賞賛ばかりを求めているわけじゃない。批判もアンチも大好きだ。他人が『人生』という限られた枠を使って、『俺』の話をしているという事実に快感を覚える。いいか、勘違いしないでほしい。 俺は君たちが思っているより、もっと下劣でどうしようもない


『やる夫スレ』からの盗作疑惑に関するコメントがこちら

タイトルの通り、今回の活動報告は謝罪のための内容となります。
先日、投稿したばかりの『ナロウ・オブ・ザ・デッド』なのですが、こちらのプロローグ部分が最新の感想で、
やる夫作品である「地球最後の男達 ― We are Legend ―」という作品に酷似しているとのご指摘を受けました。
指摘を受けた上で確認したところ、これは自分でも否定できないレベルで近似した設定、流れを辿っていると判断しました。
また、当該作品については自分も以前に見た記憶があり、盗作の意図はありませんでしたが、影響を多大に受けている点は否定できません。

また、この謝罪記事はいつの間にか解除されていた模様。


◆他のなろう作家からしてみたら、「自分の作品は書籍化されないのに、盗作疑惑のある作者だけ大成功してずるい!」という思いもあるかもしれませんね...

実際のところ本当に盗作かどうかはわかりませんけど、僕は『面白ければどっちでもいいんじゃね?』という考えです。

まとめ

僕もラノベ好きとして、まとレーベルは毎日チェックしているので、管理人が自分のブログ記事を読んでくれていたのは素直に嬉しかったです。

でも、ずいぶんが書いた記事に批評されるのはやっぱり慣れないですね。前もやら〇んで取り上げられた記事がコメント欄で叩かれまくっていたので。

ところでまとレーベルは好感が持てるまとめサイトですね。他のまとめは、2chのスレなどをまとめて、最後に管理人のコメントをちょっと書くだけ、ってのがほとんどに対し、まとレーベルは自分の文章で、1から作成した記事も上げてますからね。

ポケモンGOはすぐに飽きるコンテンツという事実

ポケモンGO

世界的に爆発的な大ヒットを記録したポケモンGO。

もちろん僕もその流行に乗っかったわけだが、日本でリリースされてから約1ヵ月。

f:id:shinji92:20160823224847j:plain

飽きてしまった...

近所にポケストップが3つ連なっている場所があるのですが、そこに行くと人がかなり集まっています。20時~22時頃そこへ行くと、2~30人くらいは集まっていました。そのお陰でルアーモジュールはいつまでも尽きません。

なので僕もよく行っていました。大体22時頃から3~4時間はそこでポケモンGOしてました。『飽きないの?』と思うかもしれませんが、やってるときは全く飽きないんですね。

そのお陰でレベルも上がり、そこそこ強いポケモンもGETできました。

f:id:shinji92:20160823230020p:plainf:id:shinji92:20160823230023p:plain

こんなにドはまりしていた僕ですが、飽きてしまいました。

ある時、ふと思ってしまったんです。

『このゲーム何が楽しいの?』

ゲームに中毒性がない

パズドラやモンストは、毎日ログインすることでボーナスなどがあったり、ゲリラダンジョンなどがあり、毎日やらないといけない、みたいな使命感がありました。だから一度はまると中々やめられません。
ダンジョンをクリアするためには強いモンスターや、自らの技術が必要となっていくためそう簡単には行きません。またダンジョンの数もかなりあるので飽きません。

それに対しポケモンGOは
ポケモンを捕まえる”
ポケモンを育てる”
”ジムに挑戦する”

この3つを淡々とやるだけの単純すぎるゲームです。さらにポケモンを育てるに関しては一瞬で終わる作業なので、メインはポケモンを捕まえる事だけです。中毒性の欠片もない。それが飽きちゃう原因なのかもしれません。

ポケモンというコンテンツじゃなければ流行らなかった

日本人なら誰もが知っているであろう『ポケモン』だからこそ楽しめるゲームなのでしょう。DSやGBAで楽しんだポケモンスマホでもできる、だからこそ社会現象になった原因なのだと思います。

仮に、出てくるものが「ポケモン」ではない何かにしたら、100%流行らなかったと思います。

従来のポケモンのゲームのほうが圧倒的に面白い

ダイヤモンド・パール』『XY』などの、DS・3DS・GBAで楽しめるポケモンのほうが圧倒的に面白いです。自分で育てたポケモンでトレーナーと戦ったり、Wi-Fiを使って対戦をしたりできる。ただポケモンを捕まえ、ボタン一つで育成するだけのポケモンGOとは全く違う楽しさです。

まとめ

これからもポケモンGOはバージョンアップし続けると思います。しかし従来のポケモンより楽しいコンテンツになるとは到底思えません。
ポケモンを捕まえる』のがメインでは、やはり足りないです。ジムでの対戦も画面連打の単純作業。
やはり、ポケモンGOは多少課金制度を増やしてもいいのでもっと面白い機能を増やしてほしいですね。

ソードアート・オンライン3期は『電撃文庫 秋の祭典2016』で来る可能性が高い!?(SAO)

アニメ

f:id:shinji92:20160818225020j:plain

昨年の夏頃、「ソードアート・オンライン」は原作が続く限りアニメ化され続ける事が発表されました。
yusaani.com

そうは言われたものの、アニメ2期から約2年、3期決定の音沙汰はありません。「あの発表は嘘なのか?」と考える方もいるかもしれません。ですが、

”SAO”3期は今年の秋にやる、『電撃文庫 秋の祭典2016』で発表される可能性が高いです。


◆今まで3期発表がなかったのは、『アリシゼーション編』が完結していなかったことが原因の可能性があります。

まず、アニメ2期までに放送された原作は、1巻~8巻。そして『アリシゼーション編』は9巻以降。つまりアニメ3期の範囲となります。

そのアリシゼーション編をアニメ化するのに、中途半端なところで終わったら視聴者が納得行きません。アニメ化するなら切りのいいところまでやりたいでしょう。そして、ようやくアリシゼーション編最終巻である18巻が8月に発売されました。

そして、毎年恒例の電撃文庫・秋の祭典ではアニメ化発表などの重大発表が満載です。もちろん今年も例外ではありません!
f:id:shinji92:20160818224640p:plain
http://db2016fes.dengeki.com/


さらにSAOは劇場版も来年春に公開しますし、ハリウッド化まで決定しています。ゲームも円盤・グッズもかなり売れているわけで、3期をやらない理由がありません。そしてようやくアリシゼーション編が完結した今年こそ、3期決定の発表がされる可能性が最も高いのです。

そして電撃文庫での重大発表は、『秋の祭典』で発表される事が多いです。SAO劇場版決定も、昨年の秋の祭典で発表されました。

ですので、SAO3期は今年の電撃文庫・秋の祭典で発表される可能性が高いというわけです。

今年の秋の祭典はかなり期待しちゃいましょう!

夏アニメ『orange』が面白い件について

2016夏アニメ

f:id:shinji92:20160823024426j:plain
夏アニメの『orange』が面白い!

夏アニメが開始する前、大体6月の後半頃でしょうか、夏アニメをチェックしていました。もちろんorangeもチェックしたのですが、”実写映画の興収30億”という話題、そして”未来から届いた手紙”というキーワードで「面白そう」と思い視聴確定しました。

ところが、1話を見ると『なんじゃこのリア充アニメ』となりました。

まあ実写映画で30億行ったわけですし、これから面白くなるだろうと見続けていました。

しかし一向に面白くなる気配がなく...いや、普通に見れるレベルですが、これを見続けるなら他の名作アニメ見たほうがマシという感じで、切ろうと考えてしまいました。

そしてついに、6話で切る決意をしました。

「もうダメだ、飽きた」

f:id:shinji92:20160823025416j:plain

『--菜穂、大丈夫だよ。届いた?手紙』




俺『うおおおおおおおおおおおおお』

6話中盤で切る決意をしたところ、6話ラストで急展開!

「全然面白くならんしもう切るわ」→「切らなくてよかったあああああああ!!!」


「お前も手紙届いてるのか!?!?」

1話から何も考えずに見てたため、手紙が届いているのは主人公だけだと思いこんでいました。一度でも「菜穂以外も手紙もらってるのかな」なんていう疑問を抱いていれば、ここまでの衝撃はなかったと思います。それだけかなり衝撃のシーンでした。

6話ラストを境に、7,8話はかなり面白く楽しませてもらっています。

そして何より、須和はイケメンすぎて、男の自分でも惚れてしまいそうです。須和も菜穂の事が好きなのに、翔を救いたいという一心で菜穂の事は諦めてしまう。それだけ友達の事を考えているというのが伝わり熱い男です。

他のキャラもちゃんと立ってるし、原作買っちゃおうかなーと悩んでいる最中です。続きがかなり気になる!

現在8話まで視聴しましたが、今期でトップ3に入るくらい、続きが気になるアニメ。


orangeを途中で切ってしまった方、もしくは1話も見てない方は今からでも遅くありません。ぜひ見てみましょう!
今期の”やり直し系”アニメではリゼロの次くらいに面白いです(リゼロのほうが面白いですすいません)。